コンテンツ

講師紹介

加藤 礼子 Reiko Kato

 

高校生の時にパッチワークを始める。
結婚を機に本格的に習い始める。
斉藤謡子氏に師事し、その後独立し、2001年3月に「まざーず・どりー夢」を設立。
渋可愛い色合いで作るカントリー調の作品に定評がある。
特に、伝統的なサンボンネット・スーをアレンジしてデザインした女の子のモチーフが人気。
各種雑誌(キルトジャパン、パッチワーク教室)などに作品を掲載する他、著書本も出版。

2004年「しあわせキルトタイム」(パッチワーク出版社)を出版。
2005年「加藤礼子のハートフルキルト」(主婦と生活社)を出版。
2006年「スーとビリーのかわいいパターンブック」(主婦と生活社)を出版。
フランスの出版社キルトマニアより
「My Dream Quilts」「Garden Party」「Mother’s Dream Friends」
「Little Stories of the Cats」「New Adventures of Sue & Billy」を出版。
東京江戸川区で教室活動を行う傍ら、欧州、アジアなどでも講習会を行う。